20代後半女性必読!アラサー小じわ対策スキンケアって?

20代後半のアラサー小じわ

 

20代後半から30代に差し掛かる、多くのアラサー女性が悩まされることといえば、やはり「乾燥小じわ」でしょう。
20代後半などのアラサー年代の女性は、小じわ予防・改善のために、乾燥肌対策・保湿スキンケアを行ったほうが良いです。

 

 

これには、ちゃんとした理由があります。

 

 

アラサーくらいの年齢になると、肌質が変化して乾燥肌になってしまう女性は多いからです。
これが乾燥小じわの原因になってしまっています。
「急に目元に小じわができてしまった!」というのは20代後半などアラサー女性に多く起こる現象ですね。

 

20代後半のアラサー女性向け!3つの小じわ対策スキンケアを公開!

肌のハリ・弾力を減少を防ぐ!

 

アラサー年齢に入ると加齢によって、肌の奥(真皮層)にあるコラーゲンやエラスチンが減ってきてしまいます。
ですので、当サイトで紹介しているような、美容に良く栄養価の高い食べ物をバランス良く食べて、肌のハリや弾力をキープしましょう。
これをすることで、小じわ予防にもなります。
肌が加齢によって、ハリや弾力を失い、乾燥でできた小じわや表情ジワなどを放置してしまうと、簡単に改善できない深いシワになってしまいますので注意が必要です。

 

 

しっかり乾燥肌対策をはじめるべし!

 

20代後半から30代に差し掛かると、乾燥肌になってしまう女性が非常に多いです。
加齢によって肌が水分をキープできなくなってしまうからです。
また、加齢による肌質の変化もあります。
保湿力の高いヒト型セラミド配合化粧品でのスキンケアが良いでしょう。
単に肌に水分を入れただけでは、すぐに水分が出て行ってしまうので、セラミドも補給してあげて保湿力を高めてあげることが重要なのです。

 

 

紫外線対策

 

紫外線といえば、シミやたるみ対策が思い浮かぶ方が多いと思いますが、小じわにも実は関連してきます。
強い紫外線を浴び続けると、肌のコラーゲンやエラスチンが壊れるだけではなく、肌の乾燥も招いてしまいます。
加齢や肌質変化で乾燥肌になってしまった女性は、特に要注意です。

 

 

洗顔を肌に優しい方法に。

 

まずは、洗顔のし過ぎで、肌の水分を保持する役割のNMFやセラミドまで洗い流してしまっていないか注意です。
これが原因で乾燥肌になってしまう女性も多いです。
また、クレンジングの成分や洗顔料の成分を洗い残していないかもチェックしましょう。
ぬるま湯でこすらないように洗顔し、肌を良い状態に保つようにすることが重要です。

 

まとめ

 

20代後半から30代前半のアラサー年代の特徴は

  • 肌の水分保持能力の低下
  • 乾燥肌への肌質変化

この2つがやはり多いです。

 

そして、この2つは小じわ発生や小じわより深いシワを誘発してしまいます。
20代後半から30代前半のアラサー女性は、しっかりこのあたりをケアするように心がけましょう。

 

アラサー小じわ対策