30代後半の小じわ対策を伝授!エストロゲン減少が影響?

30代後半女性が特に行ったほうがいい小じわ対策。それは・・・

 

「女性ホルモン減少を食い止める!」

 

これに重点を置いて対策をしていくと良いでしょう。
もちろん、乾燥肌対策・肌の保湿も必須です。
つまり、スキンケアで肌の保湿をしながら、女性ホルモン減少を食い止めるためのアンチエイジングを行うことが30代後半女性の小じわ対策につながるのです!

 

女性ホルモンが減るってどういうこと?

40代小じわ

30代後半に差し掛かってくると、女性ホルモン「エストロゲン」が減少してきます。
厳密に言うと、「プロゲステロン」という女性ホルモンも同時に減少してくるのですが、小じわなど美容に関係してくる女性ホルモンは断然「エストロゲン」です。
エストロゲンの減少のがアラフォー女性の特徴ですね。

 

この「エストロゲン」が減少すると、乾燥肌になるだけではなく以下のことも起こってしまいます。

  • 髪のつやがなくなる
  • 肌のハリ・弾力の減少
  • 基礎代謝量の減少(太りやすくなる)
  • 肌の皮脂量の減少

30代後半になってくると、本格的に加齢に立ち向かわなければならなくなるということですね。

 

小じわ対策になる!「エストロゲン減少」を食い止める3つの方法とは?

「女性ホルモンの減少、エストロゲンの減少を食い止めましょう!」
と言っても、つまりは健康的な生活を送ってアンチエイジングをすることが最良の方法ということです。

 

具体的に3つ挙げてみます。

 

過度なストレスを回避しましょう。

 

女性ホルモンストレス度を越えたストレスは、女性ホルモン「エストロゲン」に悪影響を及ぼします。
無理なダイエットなども行わないようにして、健康的な生活を心がけましょう。

 

 

いつまでも若々しく恋をしましょう。

 

小じわアラサー「不倫をしてください!」と言っているわけではありません^^;
ただ、気持ちを若々しく保ち、できれば恋をしているような状態だと「エストロゲン」の分泌は促進されます。

 

 

 

健康的な食生活は必須!

 

小じわに良い食生活栄養バランスが取れた食生活を続けることも非常に重要です。
具体的にはエストロゲンにも良い影響がある大豆(納豆)などを食べる習慣を持つと良いでしょう。
美容のために一日1パック納豆を食べる女性も多くいるほどです。

 

小じわに悩む!30代後半女性のための化粧品選びのコツとは?

どの年代でも同じなのですが、基本的に小じわ対策は「肌の保湿」と「肌のバリア機能強化」が基本です。
「肌の保湿」と「肌のバリア機能強化」は、化粧品でのスキンケアが適しているのですが、特に適しているのがヒト型セラミド配合の化粧品です。

 

肌の老化や小じわの原因となることが多い肌の乾燥の、元凶となる肌のバリア機能低下を改善する機能が非常に優れていて、なおかつ肌に優しいです。

 

おすすめは当サイトのランキングで紹介しているので、参考までにチェックしてみてください。

 

 

30代後半小じわ 当サイト独自選定!小じわに効く化粧品ランキングを読む。