30代前半女性必読!急激に老ける原因の小じわ対策方法とは?

30代前半小じわ

 

20代の頃は、なんの肌トラブルがなかったとしても
30代になって急に肌の老化してきたことを感じる30代前半女性は多いです。

 

「30代前半の小じわ対策」でいうと必要なスキンケアは・・・

 

第一に「肌の保湿」
第二に「紫外線対策」

 

この2つです。
そして、30代前半女性が悩みはじめるのは、だいたい以下のようなシワで悩むことが多いです。

 

30代前半女性のシワに関する主な悩み

  • 30代に入っておでこのシワが出てきてしまった!
  • アラサーになって目元の小じわが気になり始めた。
  • 脂性肌だったのに急に乾燥肌になった。
  • 急に乾燥肌になって、ちりめんじわのようなシワが増えた!
  • 30歳を過ぎて、ほうれい線に悩まされることになった。

 

30代で急に小じわに悩まされる女性は、肌質の変化で皮脂量が減って乾燥肌体質になってしまってから、しっかりと保湿ができていなかったことが原因であることが多いです。

 

ほうれい線やおでこのシワなど、保湿とは関係なさそうなシワでも、実は肌の保湿は非常に重要です。
そのため、30代を過ぎた女性が小じわ対策を考えるのあれば保湿スキンケアをしっかり意識するようにすると良いでしょう。

 

また強い紫外線を浴びると、乾燥肌になるだけではなく、肌の深い部分の組織が破壊され、深いシワすら誘発してしまいます。
加齢で皮脂量が落ちて、肌が乾燥する30代前半女性には泣きっ面に蜂状態になってしまいますね。

 

逆に、保湿と紫外線対策をしっかり行っていけば、小じわだけではなく様々な肌トラブルを回避することにもなります。
ですので、「肌の保湿」「紫外線対策」この2つのスキンケアはしっかり行っていきましょう。

 

稀にいる!小じわが全くないつるつる肌の30代女性!

まれに、顔のどこにも小じわもなく、肌が非常にきれいな女性がいます。
こういったパターンの女性は、大体以下のどちらかのパターンです。

 

  • 普段から保湿をしっかりしている
  • 脂性肌体質で肌が乾燥しない

 

ただ、脂性肌体質であったとしても、加齢による影響で急に乾燥肌になるケースも多いです。
脂性肌女性はニキビに悩まされることが多いですが、加齢による皮脂量の低下を察知できるよう自分の肌状態をしっかり把握しておくようにしましょう。

 

小じわ対策小じわ対策で知りたい!基礎知識とは?