50代必見!小じわを撃退できるエイジングケア化粧品選びのコツとは?

50代女性は、20代女性よりもたくさんのスキンケアをしなければなりません。
実は通常のシワよりも老けて見えてしまう小じわのケアに焦点を当てて、エイジングケア化粧品を選ぶことをまとめてみます。

 

乾燥した顔の保湿ができる
保湿した水分を逃さないバリア機能を強化できる
肌の深部にあるコラーゲン生成を助けてくれる
抗糖化成分を含む化粧品

 

だいたい50代女性が、しわ対策でエイジングケア化粧品を選ぶ場合は、上記のような化粧品を選ぶと良いでしょう。

 

50代やアラフィフあたりになると、老けて見えることを気にして、ほうれい線や深いシワなどを気にする方が多いです。
でも一番老けて見えるしわは、実は小じわなのです。
細かい小じわ(チリメンジワ)がたくさんあると非常に老け顔に見えてしまうんです。

50代女性が選ぶべき化粧品の選び方!4つのコツを解説。

乾燥した顔の保湿ができる

 

20代の肌の水分量と、50代の肌の水分量を比較すると大きく減ってしまっています。
そして小じわの主な原因は乾燥肌です。
年を重ねるほど肌の保湿は重要度を増していきます。

 

保湿した水分を逃さないバリア機能を強化できる

 

保湿してもバリア機能が弱っていたら、すぐに乾燥してしまいます。
肌のバリア機能がしっかりしているということは、肌の基礎機能が正常に働いているということでもあります。
肌の保湿と肌のバリア機能強化はセットと考えたほうが良いでしょう。

 

肌の深部にあるコラーゲン生成を助けてくれる

 

50代、アラフィフになると肌内のコラーゲンは
20代の半分以下(一説によると70%以下)にまで減ってしまうといわれています。
肌のコラーゲンが減ってしまうと、肌のハリや弾力も減ってしまいますので、これを補える化粧品を選ぶようにすると良いでしょう。

 

抗糖化成分を含む化粧品

 

近年注目され始めた肌の糖化対策。
肌の糖化が進むと、肌のハリや弾力も減少し、さらに乾燥肌にもなり肌老化が促進されてしまいます。
まさに小じわやほうれい線など、あらゆる顔のしわを発生させる根源になりうるのが肌の糖化です。
これを防ぐ化粧品も選ぶことも50代女性には重要でしょう。