嘘?本当?痔の薬ボラギノールは小じわに良いという噂

 

痔の薬として有名なボラギノールが小じわに効くという噂をネットで様々見かけます。
これは嘘とはいえませんが、間違った使用法です。
寝る前のお手入れの仕上げに塗るという人もいますが、ボラギノールにはステロイドが配合されているため、日常的に使用していると副作用が懸念されます。
 
ここでは、ボラギノールに配合されているステロイドが、本来どのようなものなのか?について解説します!!
次いで本来の抗シワ成分との比較と、噂の解説についてまとめてみます。


ボラギノールに含まれているステロイドとは?

ボラギノール小じわ対策ステロイドとは本来、抗炎症作用や抗アレルギー作用のある医薬品です。
アトピーの症状が出た際に使用する塗り薬では、ステロイドの量が少ないため使用法を守っていれば、副作用は出にくいものです。
一方でステロイドを多量あるいは長期に渡り使用すると、副作用としてまず感染症を起こしやすくなります。
このため日々のお手入れとして顔に塗り続けていると、ニキビができやすくなってしまうということが起こりえます。
この他にも副作用として皮膚が薄くなり傷つきやすくなる、血管が拡張することで赤ら顔になるなどということが考えられます。

 

本来の抗シワ成分との比較

小じわ痔の薬本来抗シワ作用のある成分として基礎化粧品に配合されているものには、レチノールやビタミンC誘導体、ナイアシンなどが代表的なものとして挙げられます。
この他にもトコフェロールやトコトリエノールなどが抗シワ成分として挙げられ、このうちトコフェロールはボラギノールにも配合されています。

 

これに加えてステロイドは皮膚に吸収されやすいため、シワが改善される可能性があるものの、間違った使用法であるため副作用のリスクの方が大きいものと言えますね。

 

この噂はなぜ広まったのか?

噂のはじまりは、テレビ番組で人気タレントのマツコ・デラックスさんが、肌が荒れた時には痔の薬を顔に塗っているという事を言い、そのときにシワやたるみが改善したという話をしたことにあります。
これに加えてハリウッドセレブやパリコレモデルの間でも、痔の薬を顔に使用することが流行しているという話題が注目されています。
『マツコが言ってた』『セレブに人気』というと、何となく信じてしまうものです。
しかしながら、痔の薬を顔に塗るのは間違っていて、危険な使用法です。

 

有名人がやっていると何となく良さそうと思ってしまう他、奇抜な美容法は良く効きそうな印象を与える場合があります。
しかしながらシワ改善には専用の基礎化粧品を使用するようにし、間違った医薬品の使用は危険であるため避けるようにします。