目の下の小じわに睡眠不足はどう影響するの?

 

睡眠不足になり肌のターンオーバーが乱れることで角質が荒れ、肌が乾燥しやすくなります。
このことにより肌のハリが失われ、乾燥による小じわができやすくなり、更にそれが定着すると深い真皮じわへと変化していきます。
そこでここでは、肌に良い睡眠のとり方、避けたほうがいい睡眠法、眠りの環境を整える方法について説明します。


肌に良い睡眠法って?

乾燥小じわまず1日に6〜7時間の睡眠をとることが基本です!
夜10時から深夜2時は肌のゴールデンタイムと呼ばれており、できればその間に熟睡していることが理想です。
しかしながら現代社会においては、これを実践するのはなかなか難しいものがあります。
このため現実的に実践できる目標として、午前0時から0時半までには就寝するようにすると、肌の乾燥やそれによる小じわを防ぐことにつながります。

避けたほうがいい睡眠法とは?

乾燥小じわ睡眠不足1日に6から7時間の睡眠が必要とは言っても、寝起きする時間が日によってまちまちであれば肌に良い成長ホルモンがスムーズに分泌されにくくなります。
このため就寝時間は毎日一定に保つよう心がけます。
この他にも平日の睡眠不足を補おうと週末に寝だめをする、睡眠不足を通勤電車で寝て解消するといった細切れの睡眠法では、肌の生まれ変わりにはつながらないため避けるようにします。

良い眠りの環境の整え方とは?

まず寝室のカーテンは遮光タイプではなく、光が透けるタイプのカーテンを選ぶようにします。
また朝にはカーテンを開ける習慣をつけ、朝日を浴びるようにします。朝日を感じることにより体内時計が整い、リズムの整った睡眠に繋がるものとなります。
また寝室の照明は暗くして、小さい照明も消して眠るのが理想です。夜中のトイレが不安な場合には、小型のライトや自動点灯のフットライトを利用するようにします。
この他にも体型に合った枕を利用する、ゆったりサイズの寝具を選ぶこともまた、眠りの環境を整える方法となります。
またパジャマは汗を吸い取る木綿や、肌への刺激が少ないシルク素材で、体を締め付けないデザインのものを選ぶようにします。

 

このように乾燥による小じわや、それが進行した深い真皮じわを防ぐためには、規則正しいまとまった睡眠を、午前0時半までにとることが重要となります。