タバコが小じわに悪い理由って?詳しく解説していきます。

小じわ禁煙

 

タバコが小じわに悪影響を与える理由として、タバコを吸う事で体の細胞が酸欠状態になる、肌のハリのもととなるビタミンCが大量に破壊されるなどの理由が挙げられます。
ここではタバコが美容や小じわに良くない理由と、喫煙者特有のスモーカーズフェイスとも呼ばれるタバコ顔の特徴、タバコ顔の改善方法について説明します。

 

タバコが美容や小じわに良くない理由とは?

まずタバコを吸うと体内に一酸化炭素が取り込まれ、体が酸素不足に陥ります。
このことにより血流が滞り、肌の色が悪くなる他、肌本来の働きが低下し、乾燥や肌荒れの原因となります。
これに加えて、血管が収縮することで血行が悪くなり、代謝が悪化して肌のターンオーバーが乱れます。
更にタバコの煙に含まれる活性酸素を除去するために、体内のビタミンCやEが消費され、小じわができやすくなります。
これら以外にも口をすぼめる動きを繰り返すことで、口の周りに表情じわができやすくなるということもあります。

 

スモーカーズフェイスとも呼ばれるタバコ顔の特徴とは?

スモーカーズフェイスとは喫煙者に特有の顔立ちで、目尻や口周りのシワをはじめ、唇が乾燥している、歯や歯茎に着色が見られるなどの特徴があります。
これらのことから、実年齢よりも老けて見えるようになることもあります。

 

タバコ顔の改善方法とは?

タバコ顔の改善方法にはタバコをやめることが第一ですが、数日だけ吸わなかったからといって治るものではありません。
タバコの禁断症状を乗り越えて2、3ヶ月ほどすると、徐々に肌にハリが戻る他、歯のヤニも落ち始めます。
また喫煙によりビタミンCやEが不足しているため、この間にバランスの良い食事やサプリメントなどでこれらの栄養素を補うようにします。
更に保湿効果の高い美容液を使用してスキンケアをすることで、肌質が改善します。

 

近年女性の喫煙率が増えていますが、その背景にはストレスや女性の社会進出などがあります。
ストレスの解消以外にも、男性と同じような社会進出をするために、タバコが保守的な考えを打ち破る小道具として用いられるという側面もあります。
女性が社会で活躍すること自体は望ましいですが、あまり世間に振り回されずに自分のペースを守ることが、タバコに依存しないためには必要です。